半額・特価品
食塩不使用洋風だし
食塩不使用ゼロ梅

検索する

 
ホーム > 減塩の知識集 > 1日の塩分摂取の目安は?【2017年度最新版】

1日の塩分摂取の目安は?【2017年度最新版】

塩分量の目安

高血圧や様々な病気のリスクを高める塩分。
まずは一日の塩分摂取量を6gにすることを目標にしてみませんか。

日本人の塩分摂取量は?

私達が普段食べている和食は、無形文化遺産となり世界的にもヘルシーで健康的なイメージで大変注目されています。
一方で醤油や味噌などを使った伝統料理が多く、塩分が非常に高い料理が多いのも特徴です。

「無形文化遺産とは?」
(ユネスコ・アジア文化センターより引用)
長年にわたって世代から世代へと受け継がれる貴重な贈り物であり、しばしば人々の文化的アイデンティティの基盤及び想像力の源泉となります。歴史的建造物や考古学的遺跡等の有形文化遺産とは違って、無形文化遺産は人の身体と魂を媒介として受け継がれます。そのためにこれらの遺産は壊れやすく、グローバリゼーション等の要因によって引き起こされる生活様式や社会の価値観の変化に影響されやすいのです。

また、近年はライフスタイルの変化からファーストフードや外食・加工食品などを利用する人が多く、塩分を多く摂取しがちです。
では、日本人は一体どのぐらいの塩分を1日に摂取しているのでしょうか?

日本人の1日あたりの平均塩分摂取量

男性 ・・・・・ 11.1g

女性 ・・・・・ 9.4g

厚生労働省『平成25年国民健康・栄養調査結果の概要』

なぜ減塩が必要なのか?

減塩が必要な理由

塩分を摂りすぎると血圧を上げる大きな原因になります。 特に日本人はさまざまな研究から 血圧と塩分量の関係が深いといわれています。

それだけではありません。塩分の摂りすぎはガンや脳梗塞・腎臓病のリスクを高めます。また味の濃いものは刺激がありすぎるのでつい食べ過ぎてしまい 肥満の原因にもなります。

【高血圧になる仕組み】
塩分の摂り過ぎは、高血圧の大きな原因の一つです。では、なぜ塩分をたくさん摂ると血圧が高くなってしまうのでしょうか?

血液にはナトリウム分が一定程度の量で含まれています。私たちが塩分(ナトリウム)の多い食事をすると、体は血液の塩分濃度を下げようと指示を出し、喉が渇きます。みなさんも辛い食事をして後で喉が渇く経験はありますよね。水分を摂る事で、血液中の塩分濃度は正常に薄まります。

一方で血液の量が増える為、血管に強い圧力がかかり心臓の負担も大きくなります。これが高血圧です。

【動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞・腎障害のリスク】
塩分摂り過ぎなどによる高血圧は動脈硬化を引き起こします。高血圧により血管に圧力がかかると、それに耐えるように血管の壁が厚くなります。すると血液が通る道が狭くなります。これを動脈硬化と言います。動脈硬化は、脳卒中や、心筋梗塞、腎障害など様々な病気の原因となります。

【ガンなど】
日本人の2人に1人がガンになると言われますが、国立がん研究センターがん予防・検診研究センターによると塩分の摂り過ぎがガンの原因の一つとされています。

『高血圧』だけに限らず健康を考えたとき、塩分コントロールはとても大切なのです。

1日どのぐらいの塩分量をとっても良いの?

日本人の平均の塩分摂取量が分かりましたが、ではどのぐらいに塩分を抑えれば良いでしょうか?
いくつかの機関の基準を参考に示しましたので、参考にしてみて下さい。

【厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値】 男性・・・・8g
女性・・・・7g
【高血圧学会の1日あたりの塩分摂取量の推奨値】 6g未満
【腎臓病患者の目安】 3〜6gが理想
【人工透析患者の目安】 6g
【WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値】 5g未満

色々な基準と照らし合わせてみると1日の塩分量をもっと減らさないといけない事がよくわかりますね。
また、WHO(世界保険機関)の基準はとても厳しく、この基準を元にすると日本人は塩分量を半分以下にする必要があります。
このWHOの基準は高血圧やガンとナトリウムの関連についての様々な研究から導かれており、欧米などの先進国では基準の一つとなっています。

健康な方がこの1日5g以下にすぐにする必要がある訳ではありませんが、食事の際には塩分を意識し、 自分が食べる食事の1日の塩分量を計算しながら食事をする事で、『減塩食』に努めましょう。
減塩をすすめる事で、様々な病気の予防にも繋がります。これらの基準を是非参考に日頃の食生活を見直すきっかけとしてみて下さい。

おすすめ商品

関連記事

ナトリウム量を塩分に換算する方法は?

ナトリウム量を塩分に換算する方法は?

食塩相当量(塩分)は「食塩相当量」として記載されている商品もありますが、ナトリウム量として書かれている事が多くあります。

外食チェーンの塩分量は?

外食チェーンの塩分量は?

手軽に安く食事ができるので、待ち合わせなどでついつい使ってしまうファーストフード店。塩分が多いのは分かっているけど

加工食品の塩分を抜く方法は?

加工食品の塩分を抜く方法は?

塩分たっぷりのソーセージやハム。そんな加工食品を簡単に減塩できる裏技のご紹介!!

減塩で防げる病気について

減塩で防げる病気について

塩辛い食事が好きな方は、要注意!! 塩分摂り過ぎでリスクが高まる怖い病気をご紹介。

高血圧に減塩は効かないって本当?

高血圧に減塩は効かないって本当?

たまにネットで見かける減塩が高血圧に効かないよって記事。あれって本当なんでしょうか?

減塩のコツ「調味料を入れ替えよう」

減塩のコツ「調味料を入れ替えよう」

減塩するにあたって、簡単に美味しく減塩できるコツがたくさん!!今回は知らなきゃ損する減塩のコツの1つをご紹介!

減塩のコツ「無理なく減塩しよう」

減塩のコツ「無理なく減塩しよう」

多くの方は減塩食は『美味しくない』と思っている方もいますが、少し減塩のコツを使えば無理なく、楽しく減塩できますよ。

摂り過ぎた塩分を排出する方法は?

摂り過ぎた塩分を排出する方法は?

減塩していても、ついつい摂り過ぎてしまう塩分。そんな時の強い味方『カリウム』って何?



ご利用案内

ご注文案内

インターネット、ファックス(0797-87-6377)でのご注文は、24時間、365日承っております。

ファックス注文についてはコチラ⇒

送料について

■ 送料一律 900円

■ 商品代金3150円(税別)以上は500円

■ 商品代金4,990円(税別)以上は配送料無料

※冷蔵商品を含む御注文の場合は、冷蔵送料350円を別途頂戴いたします。

※沖縄県へは別途配送料が必要となります。
(商品代金0〜4,999(税別)円以内は1,234円。
商品代金4,999円(税別)以上は684円)

配送日時・時間指定について

商品のお届けは、日本郵便を使用しております。

ご注文頂いた日から最短で5日後以降で配送日と時間のご指定が可能です。

お急ぎの場合は、注文画面の備考欄にコメントを頂ければ、可能な限りご対応させて頂きます。

配送時間:午前中、12〜14時、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19〜21時

返品に関して

商品発送後、お客様のご都合による、(商品の破損・汚損以外)長期不在等・ご返品・キャンセルはお断りしております。

長期ご不在による、運送会社より返送時は食品の原則上、往復の運賃+ご購入代金が発生しますので、何卒ご了承下さいませ。

発送商品間違いや商品の破損などの場合は、商品到着よりすぐにご連絡ください。運賃等は当社負担にてお取替え致します。

※代金引換をご利用のお客様へ重要なお知らせ※

代引きでのご購入され、受け取り拒否されたお客様には、往復送料と手数料など料金の請求書を内容証明で送付させていただきます。

また、別途その費用も請求させていただくかたちになりますので、何卒ご了承くださいませ。

尚、当社並びに関連会社では今後、代引きでのご注文を受付することはできなくなりますのでご注意ください。

お支払方法について

■代金引換

代引手数料

・商品代金 0〜9,999円(税込)の場合 324円 

・商品代金10,000円(税込)以上の場合 0円

■銀行振り込み

ご注文確定後、ネットショップよりお送りする「注文確認メール」に記載された金額をご注文後3日以内に下記口座へお振り込みください。

ご入金確認後の商品発送となりますのでご了承下さいませ。

【ジャパンネット銀行】
口座名義 株式会社ノルト 無塩ドットコム
ビジネス営業部 005
口座番号 1177128

【ゆうちょ銀行】※ゆうちょ銀行口座をお持ちのお客様
記号 14200
番号 5402451
口座名義 カ) ノルト


■クレジットカード

ご利用可能なクレジットカード

配送時間:午前中、12〜14時、14〜16時、16〜18時、18〜20時、19〜21時

※クレジットカードでの引き落としは、ご利用のクレジットカード会社が規定する引落日になります。

無塩ドットコムについて

無塩ドットコムは、健康増進、腎臓病、透析、高血圧、妊娠など様々な理由により、減塩・無塩食品(食塩不使用)や調味料を求める方をサポートします。

私達は、自分たちの減塩生活での経験から、『まずい、面倒くさい、大変』と考えがちな減塩を少しでも『楽しい』減塩に変えられるよう、たくさんの無塩(食塩不使用)・減塩商品を取り揃える、No.1減塩専門店を目指しています。

詳しくはコチラをご覧ください

各商品紹介と知識集
■調味料
減塩しょうゆ
減塩ドレッシング
減塩マヨネーズ
減塩ソース
減塩ポン酢
無塩だし・減塩だし
減塩・無塩みそ
減塩・無塩ケチャップ
■食品
減塩ふりかけ・ごはんの友
減塩ラーメン・うどん・麺類
減塩レトルト食品

ページトップへ